プレス、量産品、金型、専用機械製造、熱板溶着の小林工業株式会社です。
小林工業株式会社
小林工業株式会社
Kobayashi Industrial Co., Ltd.
トップページ 会社案内 採用情報 施設設備 製品紹介 社長室へようこそ お問い合わせ 専門用語解説
トップページ
会社案内
採用情報
施設設備
製品紹介
社長室へようこそ
お問い合わせ
専門用語解説
情報保護方針
アクセスマップ
関連リンク集
サイトマップ
ISO9001:2015 認証取得
トップページ > 社長室へようこそ > 業界関連の皆様へ

業界関連の皆様へ

 弊社は、量産加工部門、専用機部門、金型部門の三部門で営業活動をさせていただいております。
量産加工部門ではFCF工法によるプレス加工、専用機部門ではプラスチックの熱板溶着装置、金型部門では特殊材料の高精度三次元切削加工など、それぞれの部門において特徴ある技術を有しております。
 今回は、量産加工部門におけるFCF工法の実践について、一言ご案内させていただきます。

 FCF工法※1とは、通常のプレス加工と比較し、より積極的に塑性流動を利用したプレス加工方法です。従来のプレス加工では、板材からの打抜き・曲げ・絞りなどに代表される板金成形と、棒材(バー材)からの据え込み、押し出しを主体とする鍛造成形の二種類がその主な加工方法でした。そして、これらの板金成形技術と鍛造成形技術とは、今までは、あまり積極的に交わることはありませんでした。その結果、製品の形状や精度によっては、プレス加工では対応しきれず、切削加工や溶接加工などにより量産しなくてはならない製品が多くありました。
 しかし、弊社が得意とするFCF工法は、こうした板金成形技術と鍛造成形技術を上手に組み合わせたものであり、従来困難とされていた形状の製品をプレス加工にて量産できるようになりました。
 そして、この加工法の場合、切削加工と違い材料強度が増すため、製品の軽量化も実現することができます。
 また、当然の事ながら、プレス加工は切削加工より、はるかに短時間で加工できるため、製造原価を大幅に低減させる事も出来ます。

※1
FCF工法とは、通常のプレス加工と比較し、より積極的に塑性流動を利用したプレス加工法です。板材を部分的に加圧する事により、その板厚を変動させ、必要な部分に材料を流動させる拘束成形工法です。その結果、製品形状的には、部分的に製品の板厚を変化させたり、通常のプレス加工ではダレてしまう部分をシャープエッジに成形する事が可能になります。
以下、弊社のFCF加工例です。